事例紹介

「Dr.TAKA ウェルネスラボ」で糖尿病が改善!

50代
男性
「Dr.TAKA ウェルネスラボ」の運動指導と健康管理で糖尿病が改善!
仕事でも疲れにくくなりました。
運動の目的:糖尿病の改善
運動開始時期:2016年 4月中旬~
運動を始めるようになったきっかけは何ですか?

糖尿病を患っており糖尿病外来にかかっているのですが、症状がなかなか改善しませんでした。自分なりに勉強して、糖質制限を始めてみたところ、まあまあな結果は得られたものの、糖質制限だけでは、壁にぶつかりました。そこで、更に勉強してみたところ、血糖は筋肉が消費することがわかり、ならば筋肉を作ればいいのでは?ということで糖尿病の改善のために運動を始めました。

ウェルネスラボを選んだのは?

事例紹介Facebookの糖質制限のグループでリサーチしたところ、糖質制限とスポーツをする、という取り組みがあり、栗原先生(※「栗原隆ウェルネスクリニック」のドクター)を見つけたのですが、ちょうど「ウェルネスラボ」の内覧会があったのでそれに参加して決めました。

ジムは高いイメージがありましたし、近所の市営のジムは安いが器具が置いてあるだけで正しく運動できているのかがわからない、という不安がありました。運動をまったく知らない状態で「ウェルネスラボ」に来てみたところ、パーソナルトレーニングというものがあり、月に1 回程度でも運動のやり方の指導をしてもらえるため、運動方法を覚えれば市営のジムでも運動できるので、 結果的に大手のフィットネスジムに通うより安いことがわかりました。 なおかつ、「ウェルネスラボ」はクリニックと密に連携しているため、運動をしながら栗原先生に健康面も見てもらえるので 病気を抱えている自分には大変ありがたいです。

普段はどのような運動をしていますか?

事例紹介「ウェルネスラボ」では、一番最初にマシンの使い方を教えてもらい、その後は、トレーナーさんが組んでくれた トレーニングメニューに沿って、1回1時間、月に2回トレーニングをしています。

また、市営ジムや自宅にあるスポーツの器具を伝えると、それに合わせたトレーニングメニューも組んでくれるので、 そのメニューに沿って、1回1時間、仕事あがりに市営ジムで運動しています。これまでは、2日運動して1日休む、というメニューでしたが、今日から3日運動して1 日休む、というメニューに変更になりました。

始めて1〜2週間は運動を続けるのも大変でしたが、Facebookをうまく使い、トレーニングの様子を投稿して仲間と情報を共有することでモチベーションを保っていました。実際に会ったことはない人たちですが、同じ目的をもっているのでやる気がでます。大きなジムは同じ目的を持った人が集まっていますし、皇居等で走っている人も周りに同じように走っている人がいるので、モチベーションもあがりますが、「ウェルネスラボ」のような小さいジムでは仲間との共有等の工夫も必要になると思います。

運動でどんな効果が出ましたか?

事例紹介続けて1ヵ月くらいから効果が出始め、体調がよくなりました。血糖値もかなり安定しています。 自分ひとりでやっていたら2ヵ月や3ヵ月やっても効果がわからなかったと思いますが、「ウェルネスラボ」では 的確に指導してくれるので、効果がよくわかります。また、動きがよくなり、だらだらしなくなったので、うまく時間を使えるようにもなりました。運動のため残業もしなくなったし、仕事でも疲れにくくなりました。

 

最後に「ウェルネスラボ」の魅力を教えてください。

まずは、栗原先生です。ドクターでありながらトレーニングの第一人者なので安心して任せられます。そして、トレーナーさんも日本でも有数の方を揃えているので非常に頼もしいです。マシンの使い方も、やり方によって筋肉の使い方が違うのに、その違いが自分ではわからないため、信頼できるトレーナーさんがいるのは心強いです。

あとは、アットホームな雰囲気がいいですね。